英語資格

2021年度取得した英語資格を紹介してみる

こんにちは、Kです!

今回は私が2021年度に受けた英語資格を、そのスコア・成績とともに一挙紹介していこうと思います!

今回は5種類の英語試験を受験しており、各英語試験間のスコア換算的に参考になる部分もあると思います

では、早速見ていきましょう!!

TOEIC L&R

当時勤めていた企業の資格手当(報奨金)目当てで申し込んだTOEICで905点を取りました

Listening455点

Reading450点

というバランスの良い得点でした

大学在学中にTOEIC IPテストで925点を取得していたのですが

公開テストで900点以上を取ったことはなかったので、地味に嬉しかったですね

大学生の時に925点取った際の記事はこちらです↓

TOEFL iBT

なぜこのタイミングで受けたのか覚えていないのですが

本当に思いつきとノリでHome Edition版に申し込みました

今回は全く準備をしませんでした

結果、トータルスコアは63点でした

Readingが21点で

その他、ListeningとSpeaking、Writingの全部で14点という得点でした

Reading以外の点の取り方をみるとやはり、TOEFLはそもそもListeningが弱いと、SpeakingやWritingにも影響してしまうというのがよく分かります

TOEIC SW

Speaking150点

Writing120点でした

対策を行なったSpeakingは予想以上のスコアが出て嬉しかったですね

また、「発音のレベル」「イントネーションとアクセントのレベル」ともに「HIGH」の評価を頂けたのも気持ち良かったです

しかし、Writingが120点というのは、正直少し残念で、いくら何も準備しなかったとはいえ、Speakingくらいは取れているかなと思っていました

これはリベンジしたいですね、特にWriting

SWやるからには、Award of Excellenceも狙いたいところです

なので必然的にもう一度TOEIC L&Rの方も最低1回は受験しないといけないです

その際は、L&Rの方でも自己ベストを狙っていきます

VERSANT

無対策で臨んだところ、48点でした(基本みなさん無対策と思われます)

この点数はCEFRではB1相当です

VERSANTもTOEFLと同様、リスニング力がスコアに関わってくるテスト仕様で

耳が弱いと中々得点が出にくいと思います

とはいえ、それが本来自然な会話状況なので、いい試験だと思います

もちろんモノローグでどれだけ話せるかも重要ですけどね

また、聞き取った内容を瞬間的に記憶して、即時再現するリテンション能力が問われる問題も多く、英語試験の中では総合格闘技に近い印象を抱きました

まだ1回分受験する権利が残っているので、十分に対策した上で再度受験して、スコアの更新(B2相当の58点以上)を狙います

英検1級

さて、いよいよ真打登場です

2021年度最大のハイライトです

1月下旬に一次試験を受験、合格

更に3月上旬に二次試験を受験、合格しました

私のCSEスコアは2640点で、CEFRのC1基準2630点のプラス10点と、ギリギリの合格でした

とはいえ、英検1級の合格と、4技能でのC1認定は私自信初で、私の英語学習史上ターニングポイントとなる受験となりました

まとめ

以下、2021年度私が取得した英語資格です。

8月 : TOEIC L&R: 905点(L455, R450)

12月 : TOEFL iBT: 63点(R21, L14, S14, W14)

1月 : TOEIC SW: S150点, W120点

1月 : VERSANT: 48点

3月 : 英検1級 合格(CSE: 2640点)

自己満な記事をここまで読んでくださりありがとうございました

 

 

 

 

 

ABOUT ME
K
当ブログ運営主。本職は外資系経理。英語学習、資格試験勉強、キャリア構築に関して関心があります。取得資格には英検1級、TOEIC L&R 900点以上、簿記2級、MOS Excel Expertなどがあります。