USCPA

Abitusの英文会計入門は想像以上に楽勝だった

※当記事はProactiveの佐々木先生風の語りになっております。

 

皆さん、 どうもKです

先日Abitus生にとって最初の関門である英文会計入門の単位認定試験を受けたんですけどね
噂には聞いていたけど
本当に英文会計入門の問題集と同じ問題しか出なかった!
All the questions were solved once, so,
they were very easy!!!😂
制限時間1時間?要らないよ
慎重に解いても29分で完答できた
FullSizeRender
無事グレードはAで合格💯
まあいくら楽勝とはいえ、最初の一歩を踏み出したようで爽やかな気持ちにはなれた
でもこのlower単位の取得の必要性がないProactiveに比べると、Abitusのこのプロセスは少し面倒かもしれない
特に私のように
簿記2級を既に取って、大学でlowerの会計学単位を取っている人間からしたら、新たに学ぶことは社債の部分以外ほとんどなかった!😅
英文会計入門に費やした時間は
テキストのインプットに8時間25分
問題集によるアウトプットに9時間19分
単位認定試験の29分と合わせて
トータル18時間13分かかってる!🙄
(ちなみに講義は20分くらいしか受けてない)
まあ時間かかる人はもっとかかる、たとえば30時間とかかかるかもね
これを無駄と考えるか
基礎の復習と考えるかは
捉え方次第
ただ私はカリフォルニア州立大学の正規の単位をAで取ったっていう嬉しさは少しあった😏
ちなみにカンニングは一切してないよ
Abitusでは、自宅で試験を受けるなら、カンニングしようと思えばできるけど、ダサいからやめた方がいい
長い目で見て自分のためにならないし
何より嫌でしょ、cheatしてる自分が
(てゆうかcheatingは明確に文書で禁止されている)
でもまあ絶対Aを取りたくて、そのための手段を選ばないなら、リスク覚悟で好きにすればいいんじゃない
MBAとか見据えてる人とかね
私はどーなっても知らないけど
まあ、とにかく、英文会計入門はホントにめちゃくちゃハードル低いから
言うほどAbitusを利用する上でのデメリットではないと思うよ
むしろいいチェックかもね
FARの勉強に入っていく資格があるかどうかの
じゃあ今日はここまで
Thank you for reading
ABOUT ME
K
当ブログ運営主。本職は外資系経理。英語学習、資格試験勉強、キャリア構築に関して関心があります。取得資格には英検1級、TOEIC L&R 900点以上、簿記2級、MOS Excel Expertなどがあります。